ローラースルー・ナイスサポート【マイラーズカップ】

わずか10頭立てとちと寂しいマイラーズカップ。
先週まではいい感じに外差し馬場でしたが、ローラーかけたみたいですね。
これで切れ味自慢の思うが侭ともいかなくなった印象で、なかなかに難解。


まずは過去5年のラップを。

2008
 12.8 - 11.3 - 11.4 - 11.7 - 11.6 - 11.2 - 11.2 - 12.4
2007
 12.4 - 11.4 - 11.1 - 11.7 - 11.6 - 11.4 - 10.7 - 11.9
2006
 13.2 - 11.5 - 12.0 - 12.5 - 12.1 - 11.7 - 11.3 - 11.9
2005
 12.5 - 11.0 - 11.6 - 12.3 - 11.9 - 11.4 - 11.2 - 11.6
2004
 12.6 - 11.1 - 11.3 - 11.9 - 11.5 - 11.4 - 11.1 - 12.0


パターンにはバラつきがありますが、基本的には先行馬が強いレース。
一昨年のコンゴウリキシオーなんかもそうでしたが、
そんなにゆったりでもないのにわりかし余裕で前が残ってしまうことが多いです。
比較的前で競馬をして、それなりにピシッとした脚をつかえる馬を狙うべきでしょうね。


◎タマモサポート
○カンパニー
▲ヒカルオオゾラ
△スーパーホーネット
△ビービーガルダン



本命はタマモサポート
京都金杯であっさりすっきり抜けきったあの脚、イメージドンピです。
個人的にはマイルCSあたりであわよくば馬券圏内、なんて思ってる馬なので、
少頭数のここであれば、最低でも3着くらいは欲しいなぁ、と。
大体、前走あのペースで前行って6着なんだから、相当力つけてますよ。

対抗は無難にカンパニー
中山記念のように小気味の良いレースができるかどうかが焦点ですが、
レースはしやすいでしょうし、ノリならしっかり前につけてくれるでしょう。
楽しみなのはヒカルオオゾラ
恐らくビービーガルダンとレースをつくることになると思うのですが、
しっかり自分の持ち味を活かせれば好勝負は必至。
要はね、ガンガン前に行かせてしまえばいいんですよw
この馬のタフな脚は、近い将来GⅠでも通用するはず。

以下、スーパーホーネットビービーガルダン
てかホントは、ホーネットを本命にするというのが一番正しいんでしょうね。
毎日王冠を思い返すと、いまだに背筋がぞわぞわっとします。
先行してあの脚がつかえるんだから、恐ろしい馬。
ビービーガルダンは今回一番のお楽しみ、ですかね。
血統的にマイルが駄目だとは思えないし、ゆったり行ける分むしろプラスかも。

自信を持って消したいのはリトルアマポーラ。
歴戦の古馬が鎬を削るなか悠々と先行できるとは思えませんし、
後ろから行って届くほど切れる脚がある馬でもない。
加えてGⅠ馬ということで56キロ。期待してはかわいそうでしょ。
[PR]

by man_son | 2009-04-17 21:18 | 予想  

<< 俺は信じる【皐月賞】 王の帰還【中山グランドジャンプ】 >>