090502/03回顧

【天皇賞・春】

1  マイネルキッツ
2▲アルナスライン
3  ドリームジャーニー
4  サンライズマックス
5△ジャガーメイル

13.3 - 11.7 - 11.4 - 12.2 - 11.6 - 11.9 - 11.9 - 13.0 -
13.0 - 12.7 - 12.7 - 12.2 - 11.7 - 11.8 - 11.3 - 12.0


うーん、マイネルキッツかぁ。てかここで関東馬かぁ。
とにかくスムーズでいい競馬でしたね。松岡好騎乗。
中距離を中心につかってきていて、3200はどうかなと思って切ったのですが、
春天なんてスタミナ要らない、ってのは今時常識。我ながらダメな予想でした。

2着はアルナスライン。やはり京都は走りますね。
逆に言えばこの流れで2着止まりかよ、という気もしますが。
次どこつかうかはわかりませんが、宝塚なら切ってナンボですかね。雨なら特に。

3、4着には仲良くステイゴールド。
マイネルキッツもそうですが、ディクタスは高速馬場得意ですからね。
勝ち馬はちと走りすぎな印象ですが、このあたりにつけてくるのはいかにもな感じ。

アサクサキングス、スクリーンヒーロー、モンテクリスエスはそろって完敗。
アサクサはわかるんですよ、切れ味勝負は分が悪い。
予想の項でも書きましたが、この馬をアタマで買う感覚がわからない。
ただ、スクリーンとクリスエスはなぁ・・。よくわからんです。


【青葉賞】

1△アプレザンレーヴ
2  マッハヴェロシティ
3×トップカミング
4  ピサノカルティエ
5  イネオレオ

12.4 - 11.3 - 11.8 - 12.8 - 12.7 - 12.6 -
12.9 - 12.4 - 12.3 - 11.6 - 11.4 - 12.0


思ったより速くならず、例年通りの流れに。
こうなればアプレザンレーヴは固いですよね。文句なし。
この程度ではダービーは厳しいでしょうが、上積みがあれば。

マッハヴェロシティはようやっとまともな競馬ができましたね。
もともと新馬でハイパフォーマンスを披露していた馬で、ようやくかという印象。
前に行って切れる脚がつかえるのが最大の強み、今後も要注意の馬です。

秋に向けて楽しみなのがイネオレオ。
今回は位置取りが後ろになってしまいましたが、基本は先行してこそのダンス。
いかにも菊花賞が似合いそうなタイプで、上手く夏を越してほしいです。

上がりが足りないサトノエンペラー、キタサンアミーゴあたりは仕方ないとしても、
バアゼルリバー、セイクリッドバレーあたりはもう少し走っておかなければいけない流れ。
てか、セイクリッドはやっぱり中山向きなのかなぁ・・。不思議な馬だ。
[PR]

by man_son | 2009-05-03 18:31 | 回顧  

<< ベストメンバー・ベストコース【... とある京都の高速馬場【天皇賞・春】 >>