一頭独裁【ヴィクトリアマイル】

うーん、上がりの競馬で実績がない馬が多いですね。
本調子であれば、という条件がつきますがまともにやればウオッカに敵なし。
積極策に出れば当然地力で上回るだろうし、
まったり行ったところで先行馬には凌ぎきれるだけの脚はない。
さて、どうしたものか・・。

2008
 12.4 - 11.3 - 12.0 - 12.2 - 12.1 - 11.2 - 11.0 - 11.5
2007
 12.3 - 10.8 - 11.7 - 11.8 - 11.6 - 11.2 - 11.2 - 11.9
2006(稍重 )
 12.6 - 11.2 - 11.6 - 12.1 - 12.2 - 11.4 - 11.3 - 11.6


今更書くまででもないですが、とにかく道中タルい。
一番流れた2007年でも終い11秒9で収まっていて、
同じ東京マイルでも安田記念あたりとはこれでもかというくらい流れが違います。
極端な話、道中5~6番手以降の馬は33秒台つかえなければ即切り捨て。
人気馬だろうとお構いなしで、カワカミプリンセスはもちろん
多頭数で番手を下げるようだとザレマやリトルアマポーラも危ないでしょう。


◎ウオッカ
○ヤマニンエマイユ
▲ヤマニンメルベイユ
△ザレマ
△リトルアマポーラ
×ショウナンラノビア
×レジネッタ



とりあえずある程度馬場が保つことを前提に。
ウオッカは上述のとおり。状態さえそれなりなら確勝級。

ヤマニンエマイユは差し馬のなかでは一番反応が良さそう。
大挙出走のダンス、マンハッタン、ステゴあたりは
やはりこの点で致命的な遅れをとってしまいがちですからね。
良い例は一昨年、32秒9を繰り出しつつ5着止まりだったジョリーダンス。

前に行く馬では実績を考慮してヤマニンメルベイユ。
58キロで頑張った前走を見る限りまだまだやれそうですし、
メンバー的に昨年以上があっても不思議ではないかと。
・・尤も、そんな格のレースでいいのか、という問題はありますが。

上がりが足りないとはいえ軽視は危険なのがザレマとリトアマ。
共に積極策をとることが条件となりそうですが、どちらかはくるイメージ。
[PR]

by man_son | 2009-05-16 18:17 | 予想  

<< 090516/17回顧 ジャック・ザ・リッパー【京王杯... >>