090516/17回顧

【ヴィクトリアマイル】

1◎ウオッカ
2  ブラボーデイジー
3×ショウナンラノビア
4△ザレマ
5  ジョリーダンス

12.2 - 10.8 - 11.7 - 12.0 - 11.9 - 11.2 - 10.8 - 11.8


ウオッカ強すぎでしたね。
速すぎない流れ、後ろすぎない位置取り、直線での爆発力、すべてが完璧でした。
安田記念はペース速くなるでしょうし、やや厳しい戦いになるとは思いますが、
昨年の天皇賞で見せたハイペ適性、そして今回の健在ぶりを見るに、
確実に優勝候補のうちの一頭でしょう。打倒ディープスカイ!!

2着はブラボーデイジー。頑張りましたね。
正直、ここまでしっかりした上がりを出せるとは思いませんでした。
ラップ屋的にはこの馬を買うくらいならまずザレマ、
それからショウナンラノビアあたりに手を出すのが定石。
逆に血統屋は母父サンデーの期待値と脚質のみで
容易に買える馬かなーとは思うのですが。
・・ええ、先行確実な馬で買ってなかったのこの馬くらいなので、負け惜しみですw

ザレマは懸念していたとおり、ポジションが取れませんでしたね。
もう少し前なら、余裕で2着キープだったと思うのですが。
こればっかりは仕方ないとはいえ、悔いの残る競馬だったのかな、と。
まあ、この馬に関しては安田記念もありますし、そちらでの一発に期待ですかね。
リトルアマポーラももう少し前で競馬がしたかったクチ。
父タキオンのくせに切れないですからねーこいつは。
カワカミプリンセスは後ろから行くと宣言した時点でノーチャンス。

自分が対抗に挙げたヤマニンエマイユは上がり33秒8で7着。
もう少しだけペースが遅くなって団子になって大外ズドン、
というのが狙いだったのですが、まあよく頑張ってくれました。
やはりフルゲートだと他馬をさばくのにエネルギーをつかってしまいますね。
この点から見ても、やっぱりこのレース、基本は切れる先行馬。


【京王杯スプリングカップ】

1▲スズカコーズウェイ
2○トウショウカレッジ
3△ファリダット
4  タマモホットプレイ
5  タケミカヅチ

12.8 - 11.2 - 11.1 - 11.3 - 11.0 - 11.3 - 11.9


スズカコーズウェイがようやく初重賞。
どうにもピリッとしないところがあって足踏みしていた馬ですが、
最近になってようやく実が入ってきたなという感じ。

トウショウカレッジ、ファリダットは前走から見事巻き返し。
予想の項でも書きましたが、宮記念で後ろから行って
それなりに走ったこの2頭、ポテンシャルはGⅠ級です。
もう少し前についていけるようになればいいんですけどね・・。

タケミカヅチは出負けして後方から。
新馬もそうでしたが、こうなるとこの馬はすんごい脚つかうんですよね。
ただ、先行するとそうでもないという難儀な馬でもあるわけで、
今後も狙いどころが難しそうです。

最後に安田記念に向けてですが、正直参考にならんかな、と。
マイラーズカップなんかもそうでしたが、安田とは流れ違いすぎ。
この2レースは末の絶対値を担保したに過ぎないと評価し、
素直にハイペで踏ん張れる馬を上に見るのが定石かな、と。
間違ってもスーパーホーネットなんか買っちゃ駄目だからね!w
[PR]

by man_son | 2009-05-18 08:33 | 回顧  

<< 良馬場希望【オークス】 一頭独裁【ヴィクトリアマイル】 >>