090606/07

【安田記念】

1○ウオッカ
2◎ディープスカイ
3  ファリダット
4▲カンパニー
5△ライブコンサート

12.0 - 10.6 - 10.8 - 11.9 - 12.1 - 12.1 - 11.6 - 12.4


ウオッカ、強いなぁ・・。
てかもう、ドバイは何だったのって言いたくなるw
ハイラップキラーのこの馬にとっては必ずしもベストの馬場ではなかったのに、
そして直線完全に前が塞がって致命的な遅れをとったのに、
どうしてあんなにスパッと抜けてこれるのか。脱帽です。

ディープスカイは本来なら完全にしてやったりの展開だったのになぁ・・。
素直に勝ち馬を褒めるしかないとはいえ、結果を出さんと。
ファリダットは最終コーナーで一気に差を詰めて、
そこから更にロスなく伸びてきて見事3着ゲット。
恵まれたのは確かですが、それも地力があってこそ。
買うリズムが難しい馬ですが、人気がなければ押さえてナンボですかね。

頑張ったのは5着ライブコンサート。
ウオッカと同じような位置から競馬を進めて、
やはりスムーズさを欠いたにもかかわらず、しっかり掲示板にすべりこみ。
同父のアサクサデンエンなんかもそうでしたが、
やはりこのタイプの馬は安田記念向きですね。
セン馬だけにまだまだ走るでしょうし、来年忘れずに狙いたいところ。

先行したなかで目を引いたのはタマモサポート。
この流れでローレルゲレイロに水をあけたのはえらいっすよ。
思えば先行勢壊滅の東京新聞杯でも6着と頑張ってましたし、
ことマイルに限れば、ゲレイロよりレベル上なのかもしれません。
ベストの京都1600、マイルCSでは特注です。
[PR]

by man_son | 2009-06-07 16:56 | 回顧  

<< 2歳戦ラップ考察:0806/07 負けられない【安田記念】 >>