再起【神戸新聞杯】

稀に見る泥んこ馬場で行われた今年のダービー、
正直、どう扱っていいものか判断しかねている人が大多数なのでは。
それでも人気はダービー好走組、というところにこのレースの権威を感じますね。

では、まずは2400になってからの2年分のラップをドン。

2008
 12.9 - 11.4 - 12.3 - 12.5 - 12.2 - 12.4 -
 12.4 - 11.9 - 11.6 - 11.2 - 11.9 - 12.6
2007
 12.5 - 10.8 - 12.2 - 11.7 - 11.6 - 12.5 -
 12.8 - 12.8 - 12.4 - 11.4 - 11.4 - 12.6


2007年は逃げたゴールドキリシマが早めにペースダウンしていて
わかりにくいのですが、基本的には残り4ハロン目からのロングスパートでしょう。
これはダービーでもよく見られるラップ推移で、
なるほど雑誌や新聞で「ダービー組を狙え」、と喧伝されるのもよくわかります。

が、好走馬に目をやるとイマイチダービーくささがしないのはなんででしょう?

小回りマクり屋のボス、ドリームジャーニー。
ダービー惨敗の皐月賞馬、ヴィクトリー。
僕は完全にマイラーだと思っている、ブラックシェル。
そして鬼のようなロンスパで菊花賞馬に登りつめた、オウケンブルースリ。
特に、ダービーでディープスカイにこてんぱんにのされたブラックシェルが、
同馬にクビ差まで迫った、というのがどーうにも消化できなくて。
結局、このレースって単純に中山阪神型が強いんじゃ、みたいな。

そうなると圧倒的に目を引くのが皐月賞。
 2009皐月賞
  12.1 - 10.8 - 11.9 - 12.1 - 12.2 - 12.1 - 11.9 - 11.8 - 11.7 - 12.1
この空前のイーブンペースを大楽勝したのがアンライバルド。
直線に向いて抜け出した時の脚は近年稀に見るインパクトでした。
で、ココでこれだけの脚をつかえたことは、そのまま今回活きるのではないかと。
しかもこの馬の恐ろしいところは、皐月賞までのレースでは
完全にサンデー直仔のような瞬発力にものをいわせた競馬で結果を残してきたところ。
正直、今の阪神のコンディションなら、頭ひとつ抜けているように思います。


◎アンライバルド
○アプレザンレーヴ
▲リーチザクラウン
△トライアンフマーチ
×セイウンワンダー
×トップゾーン



お楽しみでちょっとだけトップゾーン。
前走東京でわかりやすい切れ負け、ステゴなんだからしゃーない。
その分小回りマクり適性は実証済みで、休み明けでも人気以上には。
[PR]

by man_son | 2009-09-27 14:11 | 予想  

<< 090926/27 ハイラップ・ラプソディー【オー... >>