岩田康誠東京公演【富士ステークス】

さて、過去5年のラップから。

2008
 12.3 - 10.9 - 11.4 - 11.5 - 11.8 - 11.2 - 11.3 - 12.3
2007
 12.5 - 10.8 - 11.6 - 11.5 - 11.8 - 11.2 - 11.9 - 12.0
2006
 12.4 - 11.0 - 11.5 - 11.7 - 12.1 - 11.5 - 11.0 - 11.6
2005
 12.4 - 11.0 - 11.6 - 11.6 - 11.7 - 11.4 - 11.2 - 12.0
2004
 12.4 - 11.2 - 11.3 - 11.6 - 11.8 - 11.4 - 11.4 - 12.1


東京1600のなかでも、安田記念に近い流れになりやすいレース。
2006年だけ例外的に最後まで伸び切る脚が必要となりましたが、
今年のメンバーなら先行争いは激化するでしょうし、例年通りでしょう。
ワンペース適性に加えて、今年は特に時計が速いので、その点を踏まえて。


◎ライブコンサート
○サイレントプライド
▲アブソリュート
△マイネルファルケ
×リザーブカード
×ケイアイライジン



本命はライブコンサート。
外枠から後手を踏む展開だけが怖かったのですが、この枠なら。
安田記念でも好走したように、高速馬場の消耗戦はベストの条件。
マイルCSは向かないでしょうが、来年を見据えた走りを見せてほしいです。

相手はやっぱりある程度前に行く馬に限定されるかと。
昨年の覇者サイレントプライド、東京得意で内枠引いたアブソリュート、
それから4歳になってさらに成熟してきたマイネルファルケあたりか。
リザーブカード、レッドスパーダは休み明けでちと割引か。
てかレッドスパーダ、母父ストームキャットで成長力は??
[PR]

by man_son | 2009-10-24 11:39 | 予想  

<< すべては屋根次第【菊花賞】 091017/18 >>