すべては屋根次第【菊花賞】

富士ステークス、マルカシェンクですかい・・。
ぶっちゃけて申しますと、いの一番に切りましたw
というのも、予想の項でも書きましたがこのレースは基本厳しいペース、
イコール、いかにもサンデーな軽い切れ味ではなかなか対応できない、
プラス、時計の速い馬場では前が惰性で粘り、追い込み馬は厳しい。
地力で掲示板の下の方までは見込めても、馬券圏内はとても、と思っていました。

他の上位馬については予兆はあったんですよね。
9レースも10レースも、後ろから行った馬が大勢を占めていたのです。
どちらも大したペースではなく、前に行った有力馬がもっと粘っても良さそうなのに。
この結果を踏まえて、比較的外に入ったサイレントプライドとマイネルファルケを切って、
マイケルバローズ、ナスノストロークを買おうか、というところまでは詰めたのですが、
それにしてもちょっとマルカシェンクは違うんじゃないのかなぁ・・。
先週から違和感は感じていたのですが、今秋の東京、ちょっとオカシイかも。


さて、気を取り直して菊花賞。
最も強い馬が勝つ、なんて言われるレースですが、
最近の勝ち馬見てると眉唾ものですよね。世の流れか。


◎スリーロールス
○リーチザクラウン
▲ナカヤマフェスタ
△アンライバルド
×フォゲッタブル
×ヤマニンウイスカー



すごく悩んだのですが、本命はスリーロールスにしました。
ダンス×ブライアンズタイムという血統もさることながら、
前走素質馬ジャミールを子ども扱いした末脚はお見事。
タイムも優秀で、能力はここでも十分に足りることと思います。
ホント、浜中が折り合いをつけつつ内枠を捌ききれるか、その一点かと。

リーチザクラウンは何だかんだでユタカ鞍上は心強い。
ナカヤマフェスタは前走優秀。初の関西というのが気になって
評価を下げましたが、適性はあるはず。春の借りをまとめて返せるか。
アンライバルドは折り合いがすべて。まともなら突き抜けてもおかしくない。

最後に人気の一角イコピコについてですが、
なんつっても母父ジェイドですからねー、掲示板の下の方とか。
[PR]

by man_son | 2009-10-24 23:50 | 予想  

<< 091024/25 岩田康誠東京公演【富士ステークス】 >>