やべえよ全然わかんねぇよ【有馬記念】

マジでどうしたもんか!
悩んだ時はセオリー通り、とは思うものの、
俺が過度にセオリー気にして買うとロクな結果にならない・・。

とか言いつつ本命は内枠先行のミヤビランベリw
思えば中山金杯でもこの馬本命だったので、
まあランベリで始まりランベリで終わる年もいいか、と。


さて、そうすっと紐には何を買うのが正解なのか、
せっかくの有馬なので、個別にみていこうかと。

・アンライバルド
 デビューから数戦の切れ味自慢っぷりはどこへやら、
 すっかりかかり癖の強いマイラータイプ、という評価が定着しましたね。
 なので中山替わり自体は良いと思うのですが、
 有馬は道中ペース落ちますからね。鞍上は心強いけど買いづらい。
 この馬を買うなら中山1800&2200、阪神2200あたりを待ってみたい。
・ブエナビスタ
 この馬の弱点はコーナーと馬混み。
 正直、この枠ではどう考えてもマトモな競馬にはならない。
 後ろ寄りから行くならポジション落としながら行くことは避けられないだろうし、
 前に行ったところで良い脚をつかえる保証は無い。
 良くて3着、というのが最終結論です。
・マイネルキッツ
 中山は何だかんだで未勝利。
 鞍上もこのレベルのレースでは経験不足か。
 とはいえ相手なりには走るので、枠的にも買わないわけにはいかないか。
・コスモバルク
 相手が悪い。
 前に行けるし枠も絶好、条件はいいのですが。
・エアシェイディ
 切れ味自慢のくせに中山は崩れない不思議な馬。
 ちとジャパンカップで走りすぎたのは気になりますが、余力あれば。
 昨年はダイワスカーレットが先行馬をまとめて掃除してくれた、いわば
 タナボタ的な好走でもあるので、それ以上を狙うには内をいかに上手く捌くかが肝。
・マツリダゴッホ
 説明不要。今年はJCをパスして巻き返しは必至。というか必死。
 力自体は落ちてきていると思いますが、上手く乗れば3着くらいは。
・リーチザクラウン
 この馬が得意なのは、最後の直線で瞬発力が活きる半端な逃げ先行。
 中山ではちょっと最後の坂が堪えるんじゃないかなと。
 最低条件は揉まれずに行くことですが、ユタカがどう乗るか。
・ドリームジャーニー
 コーナーを回れば回るだけ強い、最強のマクり屋。
 体調も戻ってきたようで、流れにさえ乗れれば。
 逆に言うと、出負けが多い馬だけにそれが一番の心配の種でしょうか。
・スリーロールス
 菊花賞は浜中の好騎乗。
 直線でフラフラしてたのを見ても、ギリギリだった印象です。
 外めの枠を引いた今回は、スムーズにレースをすすめられないと見ます。
・イコピコ
 最速上がりを繰り出して届かないタイプ。
 今回も後ろからになるでしょうし、厳しい競馬になるでしょう。
 というか、こういうタイプが古馬になると扱いづらくてしゃーないんだよなぁ・・。
・テイエムプリキュア
 二度あることは、と言いますが、三度目があっては日本競馬の名折れ。
・シャドウゲイト
 内枠ならともかく、この枠からの先行は厳しそう。
 そもそも主導権が握れた方がいいのは明らかで、見せ場をつくるのも難しいかと。
・セイウンワンダー
 枠は仕方ないとしても、いかにも有馬で走りそうな馬。
 大きく負けたのは不良馬場のダービーと休み明けの弥生賞、
 叩いて叩いての今回はローテ的には絶好。
 福永→藤田の乗り替わりはあまり印象良くないですが、はてさて。
・ネヴァブション
 何でここで外引くかなぁorz
 中央場所で走るならとにかく中山、ここは絶好の舞台のはずなのですが・・。
 上手く内に潜り込んでの北村マジックに期待する他なしか。
・フォゲッタブル
 ステイヤーズを勝って勇躍参戦ですが、
 そのステイヤーズがとてもここには直結しなさそうな上がり勝負。
 ルメール効果で人気も過剰ですし、嫌っていきたいですね。

というわけで、注目はマイネルキッツ、エアシェイディ、ドリームジャーニー、
セイウンワンダー、それからネヴァブションといったあたりでしょうか。


◎ミヤビランベリ
○セイウンワンダー
▲エアシェイディ
△ドリームジャーニー
×マイネルキッツ
×ネヴァブション



馬券はミヤビランベリから馬連、ワイドをちまちまとですかねぇ。
ここで三連単を当てる自信は全くないです。
[PR]

by man_son | 2009-12-26 18:45 | 予想  

<< 今年を振り返って ユタカ正念場【ラジオNIKKE... >>