今年を振り返って

有馬記念が終わり、今年の中央競馬も幕を閉じました。
混迷の牡馬クラシック、ブエナビスタとレッドディザイアの名勝負数え歌、
ウオッカの貫禄の走り、そしてドリームジャーニーのグランプリを連覇した豪脚・・、
色々なシーンが脳裏をかすめますよね。競馬っていいもんだな、と改めて思います。

ただ、「マンソン競馬」は競馬『予想』ブログ、
飽くまでドライに、数字的な部分を見直すことを忘れてはいけませんw
まずは、単純に印どおりに買った場合、どんな収支になるのかをチェック。

 ちなみにここでいう『印どおり』とは、
 単勝複勝は◎一点、
 馬連は◎○▲△のボックス、
 馬単は◎○▲△のボックス、
 ワイドは◎○▲△のボックス、
 三連複は◎○二頭軸の流し、
 三連単は◎-○▲△-○▲△×のフォメで買う、という意です。


単勝:12,310/7,500(回収率164%、的中率24%)
複勝:6,180/7,500(回収率82%、的中率40%)
馬連:36,710/45,000(回収率82%、的中率28%)
馬単:76,420/90,000(回収率85%、的中率28%)
ワイド:35,400/45,000(回収率79%、的中率40%)
三連複:28,480/30,000(回収率95%、的中率9%)
三連単:124,950/90,000(回収率139%、的中率7%)



今年は三連単を中心に、というかほとんど三連単しか買ってなくて、
印もとにかくアタマだけ気合入れて打ってました。そういう意味では妥当かなー。
かわりに単と三連単以外が100%を割り込むという結果になりました。
ちなみにリアル回収率は110%程度です。


さて、これを受けて来年の馬券スタイルを考えたいと思うのですが、
実はいつかは通年でやってみたいなー、と考えていた買い方がありまして。

まあ何のひねりもない「単勝一点買い」なんですけどね。

控除率で優遇されているかわりに魑魅魍魎がはびこる過酷な戦場、
そこで勝負できるくらいの力がいつかはつけばいいな、と昔から思っていました。
如何に自分を信じて買えるかがカギになりますが、頑張ってみようかと。
[PR]

by man_son | 2009-12-27 20:31 | 雑記  

<< 今年一発目!【中山金杯】 やべえよ全然わかんねぇよ【有馬記念】 >>