春の日1995【フィリーズレビュー】

あのライデンリーダーの衝撃から15年、
胸が熱くなりますねラブミーチャンの挑戦。
1995年は自分が本格的に競馬を見始めた年で、
その重要性がいまいち理解できていなかったのですが、
今考えるとなんつーセンセーショナルな、と。
さすがに15年前とは競馬の質も違うわけで、
いかにダートでブイブイいわせてきた、といっても
サウスヴィグラス産駒ごときが勝負になるとは思わんけど、
もし勝ったりしたら盛り上がるよなぁ。


◎ニシノモレッタ
○テイラーバートン
▲ラナンキュラス
△ハニーメロンチャン
×ソムニア
×レディアルバローザ



土曜をみてると、今の阪神は外の方がいい。
外枠の馬で狙えそうな、というとまずはラナンキュラス。
ただ、レコード勝ちしているようにいかにBTといえども
スピードタイプの馬であることは疑いなく、
もしかしたらポカもあるかもな、ということで少し評価を下げました。
で、他に狙えそうな馬というと、ニシノモレッタしかいないんですよね‥。
東西で西山牧場の馬くるなんてありえんだろ、と思いつつ本命w

あとは普通にテイラーバートンが強いので、
超最悪でも権利はとってほしいところ。
[PR]

by man_son | 2010-03-14 11:57 | 予想  

<< ここは花を持たせて頂戴【フラワ... 成熟の時【中山牝馬ステークス】 >>