カテゴリ:週中検討( 2 )

 

東京スポーツ杯2歳ステークスメモ

今週土曜福島に行く予定なので、まずは東京メインを重点チェック。
府中3歳ステークスとかの時は少頭数で当てやすいレースでしたけど、
ここ最近は当てた覚えがないです。いやはや。


アーバンウィナー(タヤスツヨシ×トウショウボーイ)
 血統からはとてもこのレース向きのイメージが湧いてこないが、
 上がりの脚はあるし、広いコースは合っていそう。
 ただ、工夫して乗らないとアタマは厳しいかもしれない。
アイウォントユー(ダンス×ロドリゴ)
 血統重すぎ。
 未勝利勝ちは反応良く抜けてきたが、上手く内をすくったとも言える。
オルレアンノオトメ(チーフ×タヤスツヨシ)
 これもここ向きの脚はない印象。
 未勝利勝ちはインパクトあり、どこかで一発ありそうではあるが、
 少なくともここで夏に負けたアースガルドに雪辱するとは思えん。
カットイッタウト(ステゴ×フォーティナイナー)
 マル地。まだまだスピード不足。
ギュンター(スターオブコジーン×マルゼン)
 新馬は反応良く、ペースアップにスッと対応。
 このレース向きではあるが、反面イーブンペースの芙蓉Sで脆かった。
 前進はあるだろうが、3紐に一考、という程度か。
サンディエゴシチー(マンハッタン×ラーイ)
 器用なレース振りで3連勝も、東京でどんな走りをするかは未知数。
 正直、人気なら嫌ってなんぼかな、と。
スペースアーク(スペシャル×グランドロッジ)
 このメンバーで休み明けでは・・。
 札幌での2戦は悪くないだけに期待もあるが。
ダイワアセット(スペシャル×タイキシャトル)
 新馬は超スロー。おっつけおっつけでギリ差し切る。
 ちょっとココ向きのスパッとした切れは欠けているかも。
トーセンパーシモン(バゴ×ミスターシービー)
 新馬では決め手のあるところを見せつけた。
 前走を糧にして前進があってもおかしくない。
トーセンファントム(ネオ×トニービン)
 いちょうステークスは秀逸。
 続けての遠征でリズムが崩れなければまず好走。
ニシノメイゲツ(デュランダル×ダイシス)
 中山で連勝。不安なのは父親らしい切れる脚があるか。
 ここで3着くらいに頑張れるようなら、朝日杯は本命候補。
ビービースカット(トーセンダンス×キングロ)
 前走は時計だけ見れば優秀。
 キャリアも武器だが、東京ではどうか。
モズ(スペシャル×ストーム系)
 母父ストームキャット系で一本調子かも。
 東京でメリハリのあるレースに対応できるか?
ヤングアットハート(フレンチ×サンデー)
 シンゲンの下が札幌→中山ときて府中初登場。
 前走の脚を見る限り間違いなく時計は詰めるだろうし、面白い。
 過剰人気になったらどうしよう・・。
レッドスパークル(ニューイングランド×ヘクター)
 前走は時計優秀。ペースも比較的タイトで地力を窺わせる。
レッドバリオス(ダイナフォーマー×シャーリーハイツ)
 ポジション下げて前あかなくて、それでもラスト200だけでぶっこ抜き。
 タメが利いたせいもあるかもしれないが、末の爆発力は相当。
ローズキングダム(キンカメ×サンデー)
 抜ける時の瞬発力はなかなかのもの。
 東京替わりがどうかだが、好走する確率は高そう。
[PR]

by man_son | 2009-11-18 00:31 | 週中検討  

安田記念メモ

えー、netkeibaの有料会員になってみました。
やっぱりラップ屋(なんておこがましいけど)はレース観てナンボですからね。
テレビで観れるのはメインレースだけだし、JRAのストリーミングは粗すぎる、
平場に至ってはラップから想像することしかできないという現状に嫌気がさし、
千葉に住んでた頃は良かったなぁ・・、なんて懐古趣味もかなぐり捨てて!

・・でも、1,000円あれば馬連10点買えるよなぁ、なんてw


さて、気を取り直して安田記念の検討でも。
まずは過去5年のラップから。

2008
 12.1-11.1-11.4-11.6-11.7-11.4-11.4-12
 12.1-23.2-34.6-46.2-57.9-69.3-80.7-92.7 (34.6-34.8)
2007
 12.3-10.7-11.1-11.8-11.6-11.3-11.5-12
 12.3-23.0-34.1-45.9-57.5-68.8-80.3-92.3 (34.1-34.8)
2006
 12.4-11-11.4-11.6-11.7-11.5-11.4-11.6
 12.4-23.4-34.8-46.4-58.1-69.6-81.0-92.6 (34.8-34.5)
2005
 12.2-10.7-11-11.7-11.8-11.4-11.3-12.2
 12.2-22.9-33.9-45.6-57.4-68.8-80.1-92.3 (33.9-34.9)
2004(稍重)
 11.9-10.4-11.4-11.9-11.9-11.3-11.6-12.2
 11.9-22.3-33.7-45.6-57.5-68.8-80.4-92.6 (33.7-35.1)

これぞ東京マイル、というようなハイペースのるつぼ、と思いきや
最近は結構イーブンめに流れることも多いんですよね。
ただそれでも一瞬の切れに依存する馬には厳しい流れ。
この点を踏まえて、前哨戦をいくつか検証してみます。


2009京王杯スプリングカップ
 12.8-11.2-11.1-11.3-11-11.3-11.9
 12.8-24.0-35.1-46.4-57.4-68.7-80.6 (35.1-34.2)
ゆったりめのテンからずーっと同じような流れの淡白なレース。
正直、あまり安田記念に向けては参考にならん気がします。
本番は最低この流れで行って更に12秒フラットを重ねるくらいでないと。
そう考えると、能力的に可能性あるのは強いて言えばトウショウカレッジ、
それから不利を受けたスマイルジャックくらいか。
タケミカヅチは出遅れて届かない位置からの豪脚披露が大得意なので無視。

2009マイラーズカップ
 13-11.8-11.4-12.1-11.9-11-11-11.7
 13.0-24.8-36.2-48.3-60.2-71.2-82.2-93.9 (36.2-33.7)
もう、超スローと言ってもいいくらいでしょう。
末のモデルケースとして見る分にはいいレースですが、
安田記念に向けて、という意味ではどの馬にとっても
ひとかけらもプラスにならないようなレース。
これまでにハイペース適性を実証しているカンパニー、
それからヒカルオオゾラあたりはともかく、
今更終いの脚の試し斬りをされてもどうしようもないですよね。
スーパーホーネットにオースミグラスワン、一銭たりとも買う気なしです。

2009ヴィクトリアマイル
 12.2-10.8-11.7-12-11.9-11.2-10.8-11.8
 12.2-23.0-34.7-46.7-58.6-69.8-80.6-92.4 (34.7-33.8)
安田の平均ペースよりは大分遅いですが、このレースとしては上々の流れ。
そんな流れのなかで4、5番手から33秒4をつかったウオッカはまさしく別格。
ハイラップ適性の高さを如何なく発揮したレースでした。
ちなみに今年はこのレースから他に参戦馬いなくなりそうですが、
基本的には勝負どころでスッと動ける馬と動けない馬の出し入れでオッケー。
ブラボーデイジー、ショウナンラノビア、リトルアマポーラを軽く見て、
ザレマ、ジョリーダンス、ムードインディゴを買えばいい、ということになります。
・・狙ったわけではないですが、全馬ダンスですね。まあそういうことですw

2008マイルチャンピオンシップ
 12.5-10.6-11.3-11.9-11.6-11.4-11.6-11.7
 12.5-23.1-34.4-46.3-57.9-69.3-80.9-92.6 (34.4-34.7)
平均的なマイルCSの流れ。
最後坂がないおかげで、切れる馬が慣性でもう一押しできるイメージか。
連対したブルーメンブラッドとスーパーホーネットは
それまで上がり33秒台を連発、ここで走る下地はできていました。
逆に言えば、それだけ安田記念とのリンクが難しいレースであると。


はい、というわけで、このあたりの主だった前哨戦に出てた馬で買えるのは
ウオッカ、カンパニー、ローレルゲレイロくらいでしょうか。
そこにディープスカイ、マルカフェニックス、香港馬を加えて買うつもりです。
[PR]

by man_son | 2009-06-01 21:33 | 週中検討