<   2009年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

090627/28

新馬で面白いのが一頭。
日曜福島で勝ったサニングデール産駒のロジディオン、
出負けしつつもじわじわポジション上げてコーナーでグイグイ伸びて最後は3馬身。
これは恐らく上行ってもそこそこやると思います。人気も出ないだろうしw


【宝塚記念】

1×ドリームジャーニー
2△サクラメガワンダー
3◎ディープスカイ
4  カンパニー
5×スクリーンヒーロー

12.6 - 10.9 - 11.2 - 12.2 - 12.1 - 12.7 - 12.3 - 12.1 - 11.5 - 11.7 - 12.0


ちょっとスローめからの4ハロン戦。
速い時計も出るし、ドリームジャーニーにはベストなレースでしたね。
・・それは予想通りだったのに、どうして評価が押さえ止まりなんだろうorz
ディープスカイと心中覚悟で他の印は適当っちゃー適当だったのですが、
それでもこれは良くない、こういうことやってちゃ勝てない・・。

さてそのディープスカイ、この流れは実績あるのになぁ・・。
そこまで酷い結果ではないけれど、去年のレースぶりを考えるとかなり不満。
秋には本当の姿を見せてほしいものです。

以下、まあ強い馬はそこそこしっかり走ってるな、と。
1秒以内に収まってる馬の地力は確かですよ。
スマートギア、モンテクリスエスあたりも頑張ってましたしね。
モンクリは前で競馬できるようになれば軽く化けるかも。
[PR]

by man_son | 2009-06-28 19:43 | 回顧  

負けられないPart2【宝塚記念】

◎ディープスカイ
○アドマイヤフジ
▲マイネルキッツ
△サクラメガワンダー
△アルナスライン
×スクリーンヒーロー
×ドリームジャーニー
×インティライミ



遊び疲れてヘロヘロなので簡単に。
本命はディープスカイ以外にありえない。
昨年の神戸新聞杯以来勝ち星からは見放されていますが、
決め手がない馬ではありませんし、宝塚のペースはぴったんこでしょう。
前めから長い脚をつかって押し切る横綱相撲を期待。

楽しみなのは7歳にして円熟期に入ったアドマイヤフジ。
今年に入って中山金杯の好時計勝ちを筆頭に、中身の濃いレースをこなしてきました。
適性も十分、ひょっとしたらひょっとするかもしれません。

最後に、印はつけていませんがエリモエクスパイアについても。
前走は明らかに距離不足、力落ちがないならここでも差はないかも。
[PR]

by man_son | 2009-06-28 00:45 | 予想  

090620/21

さて、今週から新馬が始まりました。
去年はツルマルジャパン、セイウンワンダーが
しょっぱなからすごい競馬を見せてくれましたが、
今年はそこまでのインパクトを与えてくれた馬はいませんでした。
楽なレースだったエーシンダックマン、
時計が遅くよくわからんダノンパッションあたりは次走に注目。
1000メートルデビュー組は例年通り大した馬いない印象。
あくまで自分のなかでは、ですが、1000でおろす馬なんて
ほとんど期待されてない馬が大半だろう、と。失礼ですね。


【マーメイドステークス】

1  コスモプラチナ
2△ニシノブルームーン
3  リトルアマポーラ
4  ベッラレイア
5  レッドアゲート

12.4 - 10.7 - 12.6 - 12.4 - 12.2 - 12.2 - 12.0 - 12.0 - 11.4 - 12.3


あっはは、ステイゴールド間違いw
つってもポイントはずれてるし、完敗なわけですが。
まさかこのレースがこんなスローになるとはなぁ。
和田の好騎乗、という一言で全てを語れてしまうようなレースでした。

しかし、リトルアマポーラにベッラレイアよぉ・・。
お前らにとっては思いがけない天恵だったのになぁこのペースは。
特に失望が大きいのが、前に行って伸びきれなかったベッラレイア。
前に行って切れ味鈍り、後ろから行って届かない、
恐らく、この先2000メートル以下のレースで連対することはないでしょうね・・。

自分が印を打った馬はニシノブルームーンを除いてきれーに6~10着。
例年通りのペースであればこの辺が逆転していたのだろうな、と。
まあそういう意味では悔いなし、ですかね。


【三木特別】

1  シルポート
2  ロードアリエス
3  サザンギャラクシー
4  ナリタシリカ
5  マルティンスターク

12.8 - 11.3 - 11.0 - 11.7 - 11.8 - 12.2 - 10.8 - 11.8 - 12.6


ゆったり入れたとはいえ、シルポートは素晴らしい走り。
最終コーナーで12.2-10.8の加速、こりゃー大したもんです。
最後もしっかりまとめて、はっきり言って格が違う走り。
パンパンの良なら重賞でも十分勝負になるでしょう。

2着以下は相手が悪かったとしか。
つってもロードアリエスはもうちょい勝ち馬を追い詰めてなければまずい気がしますが。
[PR]

by man_son | 2009-06-21 16:35 | 回顧  

大荒れ期待【マーメイドステークス】

人気2頭が危なっかしいことこの上なし。
もちろんベッラレイアとリトルアマポーラのことなのですが、
どちらもゆるーい流れのなかで末を伸ばすタイプ。
マーメイドステークスのタイトな流れでは用無しでしょう。
地力でこられたら諦めるしかないけど、それだけの価値があるおいしいレース。


◎マイネレーツェル
○ザレマ
▲ウェディングフジコ
△マイネカンナ
△ムードインディゴ
△セラフィックロンプ
△ニシノブルームーン



降っても降らなくてもマイネレーツェル。
過去3年連続でステイゴールド産駒のソリッドプラチナムが馬券圏内にきていますが、
要はそれだけ長くていい脚をつかえる馬が強いレース。
正統派ステゴ、地力抜群のこの馬を買わずにどうすんのって。

以下、長い脚が武器の馬をずらっと。
ダンスが2頭、母父サッカーボーイ、マンカフェと、いかにもな馬ばかりですね。
ウェディングフジコとニシノブルームーンはこのハンデでは無視できなくて。

・・しかし、父SS系が16頭中14頭ってすごいな・・。
[PR]

by man_son | 2009-06-20 20:15 | 予想  

090613/14

【エプソムカップ】

1◎シンゲン
2○ヒカルオオゾラ
3△キャプテンベガ
4  ショウナンラノビア
5▲トウショウウェイヴ

12.6 - 10.8 - 11.4 - 11.9 - 12.2 - 11.9 - 11.3 - 11.2 - 12.2


ラップは例年通りで、馬場が良い分最後まとまったという印象。
こうなるとやっぱりシンゲンは強いですね。勝って当然と言わんばかり。
パンパンの良で走れるのなら、今すぐにでも秋天勝てそう。

ヒカルオオゾラは決め手の差ですね。
直線入ってからもっと引き離せれば良かったのでしょうが、
そうしたらそうしたで終いバタバタになりそうだし、難しいところ。
とは言えタイムも上々、力のあるところを見せてくれました。
ベストはイーブンペースのマイルでしょうし、今後も変わらず期待。

よく頑張ったのはショウナンラノビア。
別定の混合戦でこれだけ走れるというのは、力のある証拠。
ペースの遅い牝馬限定戦では遅れをとることも多そうですが、
そのうち重賞勝つんじゃないですかねー。
着は拾えませんでしたがエリモエクスパイアは健在ぶりをアピール。
復帰後の2戦はともに不良馬場で持ち味を活かせませんでしたが、
良なら差はないというところを見せてくれました。
早めに動き出して最後もそこそこ、距離は明らかに延びた方がいいでしょう。

最後に先行してきたら怖いな、と思っていたミストラルクルーズ。
行きっぷりが悪かったのか敢えて押さえたのかはわかりませんが、
切れる脚のない馬なので、やはり後ろからでは厳しいですね。
逆に言えば、前に行けるくらい復調してくればここでも上位に拮抗できる馬。
次走あたり人気を落としてくるようなら狙い目ですかね。


【CBC賞】

1  プレミアムボックス
2▲エイシンタイガー
3×スピニングノアール
4×ソルジャーズソング
5×アーバンストリート

12.0 - 10.5 - 11.2 - 11.2 - 11.5 - 11.6


今日の馬場にしては時計が遅いですね。
離し気味に逃げたエムオーウイナーでこのペースなんですから、
後ろは3ハロン34秒台、去年並のゆっるい流れでは仕方なしか。
でも、6レースの3歳500万と0.1秒差というのはさすがにお粗末だわなぁ・・。

勝ったプレミアムボックスは後方から33秒1の末を繰り出して久々の美酒。
このすっとろい流れ、オーシャンステークスを勝った時に近いので、
要はこういうペースのなか鬼脚をつかうのが勝ちパターンの馬なんでしょうね。
もちろん大半のスプリント戦にはそぐわないパターンなので、
なかなかピンポイントで押さえるのは難しいのですが。

2着はエイシンタイガー。
前に行って掲示板に載ったのはこの馬だけですね。
まあ、1400向きの切れ味が活きた、ということでしょうか。
バリバリのスプリントで、となると疑問符がつきますが、
安定して走る馬だけに今後も期待です。

人気の差し馬軍団は揃って掲示板の下の方。
馬群が詰まった恩恵を受けてもこの程度ですから、
やはりこのレース、基本的には後ろから行く馬には厳しいということか。


【エーデルワイスステークス】

1  ストロングガルーダ
2  ベルベットロード
3  ダノンヒデキ
4  ナリタクリスタル
5  ロードロックスター

12.2 - 11.6 - 11.9 - 12.2 - 12.7 - 11.6 - 11.0 - 11.7


少頭数らしいどスローからの切れ味勝負。
ストロングガルーダは血統の割りに反応が良く、いい競馬でした。
ハイペースでの競馬も見てみたいところ。
2着のベルベットロードは既にハイペースでの好走実績がありますが、
切れ味勝負でも差のないところを見せてくれました。

人気で凡走した馬は、それぞれの弱点を露呈したかたちか。
ロードロックスターは末の限界値が見えた感じ。
はまれば33秒台後半くらいはつかえるのでしょうが、もう少し流れないと厳しい。
オオトリオウジャは確かに末強烈も、それで6着止まりでは。
本当に一瞬しか脚がつかえず、難しい馬。
トップゾーンはステイゴールドらしい馬で、東京マイルでこの流れでは用無し。

何にせよ、こういった末の絶対値を測れるレースは覚えておいて損はないです。
[PR]

by man_son | 2009-06-14 17:46 | 回顧  

連勝街道、まだまだ通過点【エプソムカップ】

いやー、いいメンバー揃いましたね。
さすがにカンファーベスト、ナスノストロークあたりでは厳しかろうけど、
二桁人気の馬でも普通に魅力的な実力馬。たまらん。

◎シンゲン
○ヒカルオオゾラ
▲トウショウウェイヴ
△キャプテンベガ
△ダイシングロウ


雨が降らなければ、ですけどシンゲンが勝つのでは。
東京はここにきて馬場も良く、ハイラッパーのこの馬には絶好の馬場。
瞬発力に難がある馬だけにエプソムカップのペースも合うはずで、
人気で水をあけられたヒカルオオゾラに格の違いを見せてほしいところ。

そのヒカルオオゾラも買いの一頭。
去年のこのレースで一番強い競馬をしたのは間違いなくこの馬。
前走こそ切れ負けしましたが、ここなら当然勝ち負けでしょう。

以下、巻き返しムードぷんぷんのトウショウウェイヴ、
アタマまではどうかと思うも確実に突っ込んできそうなキャプテンベガ、
イーブンペース、高速馬場大得意のダイシングロウまで。
雨が降っても対応できる馬ばかりなので、印的にはこんなもんかなと。

問題は馬券をどう買うか、だな・・。
現時点では天気もってパンパンの良ならシンゲンの単、
雨が降ったらトウショウウェイヴの複にドカンといこうかと思っているのですが、はてさて。
[PR]

by man_son | 2009-06-13 17:53 | 予想  

踊り子さん、出番です【CBC賞】

中京1200、それは季節によって姿を変える鬼の棲家。
つってもまー、野芝生い茂る今の時期ならやっぱり先行馬。
去年みたいなスローでウハウハはさすがにないと思うけど、
後ろから行く人気馬よりは余程マークの甘い先行馬の方が買いやすい。

◎ウエスタンダンサー
○トレノジュビリー
▲モルトグランデ
△エイシンタイガー
△コウユーキズナ


本命は距離短縮で競馬がしやすくなりそうなウエスタンダンサー。
前に行ける推進力のある馬だし、時計もある程度は出せる。
しかし、ボストンオーあたりより人気ないってのは泣ける・・。

以下、1分7秒台ならまだまだ好走ゾーンのトレノジュビリー、
先行力抜群、大崩れなしのモルトグランデ、
ハンデが魅力の3歳馬エイシンタイガー、
前走の競馬ができれば1キロ減だけに面白いコウユーキズナまで。

正直、ソルジャーズ、アーバン、スピニングのなかで
一番スムーズに競馬できた馬が連対圏内に突っ込んできそうな気が・・。
でもまあ、どの馬がくるかさーっぱりわからんし、玉砕覚悟で!!



090614/13:21追記

トレノジュビリー除外ですか・・。
もう一頭加えるならエムオーウイナー、プレミアムボックス、
それからボストンオーあたりかな、と思うのですが、
ちょっとどの馬も心許ないので、本命対抗から差し馬に流します。

◎ウエスタンダンサー
○モルトグランデ
▲エイシンタイガー
△コウユーキズナ
×スピニングノアール
×ソルジャーズソング
×アーバンストリート


馬連4頭ボックスも加えて計12点。
へったくそな馬券という気がしないでもないけど・・。
[PR]

by man_son | 2009-06-13 16:33 | 予想  

2歳戦ラップ考察:0806/07

今年も新馬の季節が近づいてきました。
近年は使い出しが早く、6月7月デビューの馬が
クラシックを制するパターンも多くなってきました。
一昔前は10月の東京か京都でおろして、というのが非常に多かったものですけどね。

それはさておき、やはりクラシックで活躍する馬というのは
デビュー数戦のうちに目立つ競馬をしているもの。
去年の素質馬たちのレースを分析して、どんなラップを刻む馬が
先々活躍するのか、見極めるひとつの目安になればいいなぁ、と。


080621:阪神1600
 12.6-11-11.8-12.4-12.3-11.7-11.1-12.5
 1着ツルマルジャパン(1-1)
 2着セイウンワンダー(2-2)

一目瞭然、道中のゆるみが最小限です。
この時期にこの競馬ができるというのは、余程完成度が高い、
いわゆる早熟の馬か、余程の素質馬とみて間違いないと思います。

080705:福島1200
 12.7-10.8-10.8-11.4-12.3-12.6
 1着ダノンベルベール(13-13)

この時期の1200戦で34秒台をつかって連対したのはこの馬のみ。
テンは速いけど、それでも前が残るのが当たり前。
大外ぶんまわして勝ち切ったのは能力が抜けている証拠。
蛇足ですが、この馬本質的にはこの手の持続力競馬が得意なはず。
下手に赤松賞とかで33秒台とか出したから切れるイメージが先行していますが。

080706:阪神1800
 13-11.8-12-12.3-12.5-12.3-11.9-11.4-11.9
 1着ロジユニヴァース(3-4)

これもこの時期にしては淀みのない流れ。
ロジユニヴァースはこの次のレースと比べると
まだまだパンとしていない印象ですが、それでも勝ち切るあたり初戦としては上々。

080720:新潟1800
 12.8-11.2-12.3-13.6-13.9-13.1-11.3-10.3-11.5
 1着マッハヴェロシティ(2-1)

1.8-1.0の加速に対応、最後もしっかりまとめて33秒1。
マンハッタンカフェ産駒にしては瞬発力のある方で、高速馬場にも強い。
こういう競馬をする馬はたいていその後頓挫するのですが、
ポンと思い出したように好走するので注意が必要。
[PR]

by man_son | 2009-06-07 23:28 | 雑記  

090606/07

【安田記念】

1○ウオッカ
2◎ディープスカイ
3  ファリダット
4▲カンパニー
5△ライブコンサート

12.0 - 10.6 - 10.8 - 11.9 - 12.1 - 12.1 - 11.6 - 12.4


ウオッカ、強いなぁ・・。
てかもう、ドバイは何だったのって言いたくなるw
ハイラップキラーのこの馬にとっては必ずしもベストの馬場ではなかったのに、
そして直線完全に前が塞がって致命的な遅れをとったのに、
どうしてあんなにスパッと抜けてこれるのか。脱帽です。

ディープスカイは本来なら完全にしてやったりの展開だったのになぁ・・。
素直に勝ち馬を褒めるしかないとはいえ、結果を出さんと。
ファリダットは最終コーナーで一気に差を詰めて、
そこから更にロスなく伸びてきて見事3着ゲット。
恵まれたのは確かですが、それも地力があってこそ。
買うリズムが難しい馬ですが、人気がなければ押さえてナンボですかね。

頑張ったのは5着ライブコンサート。
ウオッカと同じような位置から競馬を進めて、
やはりスムーズさを欠いたにもかかわらず、しっかり掲示板にすべりこみ。
同父のアサクサデンエンなんかもそうでしたが、
やはりこのタイプの馬は安田記念向きですね。
セン馬だけにまだまだ走るでしょうし、来年忘れずに狙いたいところ。

先行したなかで目を引いたのはタマモサポート。
この流れでローレルゲレイロに水をあけたのはえらいっすよ。
思えば先行勢壊滅の東京新聞杯でも6着と頑張ってましたし、
ことマイルに限れば、ゲレイロよりレベル上なのかもしれません。
ベストの京都1600、マイルCSでは特注です。
[PR]

by man_son | 2009-06-07 16:56 | 回顧  

負けられない【安田記念】

東京、天気良くなってきたみたいですねぇ。
自分の住んでいる宮城県某市もいい天気ですし、
全国的にお出かけ日和といったところでしょうか。

さて、こうなると恐ろしいスピードで回復するのが昨今の馬場。
土曜の時点では天気が読めず、重ならスーパーホーネットあたりの
浮上も考えなければいけないのかと思っていましたが・・。


◎ディープスカイ
○ウオッカ
▲カンパニー
△ローレルゲレイロ
△ライブコンサート
×マルカフェニックス
×スマイルジャック
×アブソリュート



まあ結局、本命ディープスカイってのが良い落としどころかな、と。
ウオッカがベストパフォーマンスを見せるにはちょっとゆるい馬場ですし、
かと言ってスーパーホーネットにアドバンテージ、というほどでもない。
そうなれば一番安心して買えるのは間違いなく
色んなタイプのレースで結果を出してきたディープスカイでしょう。
なかなか勝ちきれないレースが続いていますが、ここは勝たなければいけないレース。

以下、パンパンの良でないのが不安も1分33秒台が出るなら外せないウオッカ、
不利なく進めることができれば差はないカンパニー、
先行脚質が魅力のローレルゲレイロ、このあたりが争覇圏内でしょうか。
穴なら馬場も含めて血統的に面白いライブコンサート、
それから強いダンス牡馬マルカフェニックスか。
香港馬まではちょっと手が回りません・・。
[PR]

by man_son | 2009-06-07 13:09 | 予想